ドラマ映画レビュー

コウノドリ

投稿日:

2015年の第1シーズンからずっと見ていて、第2シーズンの放送もずっと楽しみにしていました。

母体を優先するか、赤ちゃんの命を優先するか、切迫流産や中絶、産後鬱など、妊娠、出産が幸せなことばかりではなく、

リスクを伴う大変さがあるというリアルさが私達の心に響いてきます。

出産がいかに奇跡なことか、子どもを持つ母親、これから母となる人、

男性、全ての人に大切なことを教えてくれる涙なしには見ることができない感動の連続のドラマだと思っています。

綾野剛演じる産科医の鴻鳥サクラは本当に心優しく、赤ちゃんと母親のことを一生懸命に考えてくれる医師であり、

あんな医者がいたらいいなと思える人物です。

吉田羊演じる助産師も明るく、安心できる優しさのある人物だと思います。

星野源は全く笑わない患者にも厳しい医師ですが、優しさがあり、

綾野剛との同期のやりとりの中で見せる信頼感など、堅い絆を見せてくれるのも良い雰囲気だなと思います。

坂口健太郎や、松岡茉優など若くて明るく一生懸命な医師達もストーリーのアクセントになっていると感じます。

毎回様々な問題が起こる中で、医師達が日々どのように悩み、

協力をし、奮闘しているのかを知ることができ、感心する場面が多くあります。

毎話違うゲストが、妊婦やその家族を演じていて、どの俳優も熱演している姿もこちらに伝わってきて、感動をしています。

\ シェアしてください /

-ドラマ映画レビュー

Copyright© ビデオオンデマンドcom , 2020 All Rights Reserved.